The first release from the label BM founded by Takasi Nakajima who is known by the release from Indigo Area and the activity of Different World with Claude Young. The EP compiles the tracks from Takuya Matsumoto who is known by the release from Royal Oak, Fina, Cosmic Blue, Meda Fury and R&S.

Claude Young氏とのDifferent Worldでの活動やIndigo Aeraからのリリースでも知られるTAKASI NAKAJIMAが始動するBMレーベルよりRoyal OakやFina、Cosmic Blue、Meda Fury / R&Sレーベルからのリリースで知られるTAKUYA MATSUMOTOが制作した過去の楽曲をレーベル第一弾としてリリース。

バックサイドストーリー
backside story for this release –

TIME

現在、トラックの製作にはAbleton Live9を使用しているが、それ以前はCakewalk Sonar4を使用していた。 2010年にリリースしたDrafting under the starsはその環境で作ったものだった。 さる事情からSonarおよびトラックのデータは2011年の冬をもって廃棄するにいたり、 約1年半トラックの製作を休止した。このTIMEは2011年秋にSonarで製作した最後のトラックである。 ある時期サウンドクラウド上での公開をしていたが、Mic Newman(Fantasticman)がtsuba Podcast でオープニングトラックしてプレイしている。 ちなみにヴォイスサンプルは自身の声をサンプルしたものである。

Today, he uses Ableton LIVE9 for track creation, but he normally used Cakewalk Sonar4 before. “Drafting Under the Stars” released in 2011 was created under Sonar environment. For a certain reason, he ended up with dumping Sonar and track data in the winter of 2011, and suspended his activity of track production for about 1 and a half year.
This “TIME” is the last track produced in the autumn of 2011. At some time, it was published on the soundcloud, and Mic Newman (Fantasticman) plays it as opening track in tsuba Podcast, which voice sample was his own voice.

WRAP

TIMEの製作以来1年半近く、製作用のソフトウェアも機材もない状態だった。 長い休暇期間を経て、2012年の11月ころAbletonのトライアルバージョンで曲を再び作るようになった。このトラックはトライアルバージョンで最初に完成させたものである。

For about one and a half year after “TIME” creation, there had been no software or equipment for making music. After a long vacation period, he could create songs again as trial version in Ableton at around November 2012. This track was the first song completed in trial version.

SPRINGSDUB

2014年ころに作成したもの。当時ラヴェルにはまって、聴きまくっており、 室内楽的なストリングアレンジを試行錯誤していた。その中で出来た曲のひとつ。 しかし基本的な構造はダブでリズムアレンジはスライ・ダンパーのステッパービートのスタイルを参考にした。 タイトルに意味はなくダブで使用されるスプリングリバーブと春のスプリングをかけただけのもの。

This song was made in around 2014. He was into Label and listen to her songs all the time. He tried to make a string arrangement like chamber music, and this song was created through those efforts. But basic structure was dubwise, and referred sly dumper’s stepper beat style for rhythm arrangement.The title has no meanings, just a play on words coming from spring reverb used in dub.

JUMP ROPE MUSIC(DIFFERENT WORLD REMIX)

2011年秋に新潟でIEROのリリースパーティがあり、 JumpRopeMusicのライブのためのバージョンを製作した。その後Different Worldから、Jump Rope Musicのリミックスを作りたいという依頼をいただいた。当時残念なことにJump Rope Musicのデータを消失しており LIVEのために作成したバージョンをベースにリミックスを作成していただいた。

There was a launch party of “IERO” in Nigata in Autumn of 2011, so he made a live version of “Jump Rope Music”. After that, he received an offer from Different World for making remix of “Jump Rope Music”.
Unfortunately, data of “Jump Rope Music” was lost at that time. so remix was made based on live version.

Artist : Takuya Matsumoto
Title : (Some lost) Time
Cat: BM01
Label: BM

Track List (Time):
A1: Time (5:23)
A2: Wrap (6:23)
B1: Springsdub (5:07)
B2: Jump Rope Music – Different World remix (6:34)

Produced & Composed by Takuya Matsumoto
Remix by Claude Young Jr & Takasi Nakajima
releases Oct, 2017

Pre-order Vinyl:
http://www.technique.co.jp/item/155220,BM01.html
http://diskunion.net/clubt/ct/detail/1007493167
https://www.juno.co.uk/products/takuya-matsumoto-some-lost-time/663710-01/
https://www.redeyerecords.co.uk/vinyl/89530-bm01-takuya-matsumoto-some-lost-time-

Digital:
https://tmbm.bandcamp.com/album/some-lost-time